fc2ブログ

こしあんつぶつぶ

1962年生まれの主婦です。夫、息子2人の4人家族と猫3匹(姉タルミ、弟ボー、妹ノリコ) 長女は子供が2人。 近所に暮らす母の家へ毎日通っています。 毎日掃除洗濯ごはん作り、普通の主婦のフツーだけどいろいろある日々

0

今となっては面白い父でした。伝説のすた丼

こんばんは

今日はすた丼
味噌汁は茄子とミョウガ(これ好きなんです)

伝説のすた丼というお店があって
ずっと食べたかったのですが機会がなく
ネットでレシピ検索をして作ったら好評で我が家で月に1度くらい登場する定番メニュー。
なので、この味が正解なのか本物を知らないのでわかりません。
これはこれで美味しいです(^^)

冷奴
あら、この豆腐美味しい

キュウちく

スイカ

こんな夏っぽい献立もそろそろおしまいかな~

日テレで放送している親バカ青春白書
面白くて毎週録画して観ています
(時間が遅いのでリアルタイムでは観られません)
物語のなかで『うちはうち、よそはよそ』ってお父さんがきっぱり言うシーンがあったのですが
私も父にしょっちゅう言われていました。

そんな父は
とても心配性で
いつ誰と何処に何をしに行き何時に帰るかの報告は絶対。

10代の頃遊びたい盛りの私に
二十歳になったら好きに遊んでいいぞ!と言いました。

20歳になったら
嫁入り前の娘が夜飲みに行くなんてとんでもない!と

じゃあ、いつになったら夜遊びしていいの?と聞いたら

『心配なんだ!嫌なんだ!』と逆ギレ。

さんざん私の恋愛を反対していたのに24才くらい(その頃は適齢期)になったらそろそろ結婚したらどうだ?とお見合いの話を持ってきたり…

で、24才で夫と社内結婚をして

子供が生まれ小学生になった頃
パートを始めた私(親とマスオさん同居)
パート仲間に夜カラオケに誘われたのですが
子供のいる母親が夜遊びに行くなんてとんでもない!と怒られましたよー

ことごとく私の夜遊びを嫌がった父はもうこの世にいません。

あの頃はうっとうしくて嫌いな父でした

父娘バトルしていました。

夜遅く帰ると玄関の前で仁王立ちしていたなぁー

不機嫌な顔で本を読んでいるけれど逆さまだったなぁー

今となっては懐かしい笑ってしまう思い出です。

そんな父が今は大好きです。

もっと元気なときに一緒に出かけたり食事に行けばよかった。
でも、その時はしたくなかったんです。
ごめんね、お父さん。

親孝行したいときに親はなし!って、言葉があるんだぞ。
とよく言ってたっけ
ほんとにそのとおりでした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ


PVアクセスランキング にほんブログ村

こしあんつぶつぶ - にほんブログ村





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : こしあん

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

カウンター

スポンサーリンク